【AppleWatch】手首を上げた時に反応しない時の対処法は再起動

  

案の定というか子供に触られまくります。手首につけたままいつもと違う向きのままいじられるのが原因かはわかりませんが、なぜかその後のAppleWatchは反応が変わります。手首を向けた時に何の反応も無くなってしまうのです。ホームボタンや画面を触ると反応するのですが手首を返して時計や通知が見れないと便利さが半減します。対処法はいろいろ試してみましたが再起動しかわかりませんでした。

AppleWatchの再起動の方法

厳密には再起動では無いのですが単純に電源を落として入れ直すだけのこと。まずはサイドボタンを長押し。

  
するとこの画面になるので電源オフを右にスライドするとオフになります

  
その後はサイドボタンを長押しすると電源が再びつきます。起動まで1分ほどかかるので待ちます。

  
 

電源が復帰すると再び手首を返すとちゃんと画面が反応します。なぜ反応しなくなるかわかりませんが今はこのように対応しています。

せっかくなのでAppleWatchでウォーキングワークアウト

AppleWatchを手にして5日目。本当便利です。時計、アラーム、通知などなど体に入り込んで来る感覚です。

いろいろ機能がありすぎて使い切れていないですが自分の動きを自動で記録を残してくれる「アクティビティ」アプリもいいのですが特定の運動を計測する「ワークアウト」を使ってみました。最寄り駅から一駅前で降りて歩いてみました。

AppleWatch単体でも計測出来るみたいですがGPSがあるiPhoneが一緒にある事で距離などが測れます。まぁ帰宅途中なのでiPhoneは必ず持っているんですが…

ワークアウトアプリを起動

  

ひと駅分歩くのでウォーキングを選択しました。走るならランニング、自転車ならサイクリングという項目もあります。

 

自分の目標値があれば設定してスタート。以下の目標カテゴリーがありました。右へフリックすると変わります。

カロリー

   
タイム

  

距離

  

フリー

 

基準が特に無かったのでフリーでとりあえずやってみました。開始を押すとカウントダウンかはじまります!

  
   
 

  
スタート!ウォーキング開始しました。ワークアウト中は終了するまで画面はアプリが常に表示されます。デフォルトはフリーの場合は経過時間でした。横へフリックするといろいろ確認できます。

   
現在の心拍数

  

カロリー

  

スタートから現在の距離

  

ペース

  

一番左は終了か一時停止ボタン。ワークアウト終わる時はこの画面ですね。ウォーキングの途中でコンビニに寄ったのでその時は一時停止しました。またはじめる時は「再開」ボタンで再開。

  

ひと駅分およそ歩いて2キロでした。以下が結果。

       

特に基準が無かったので何度かやるうちに目標を高めてやれますね。そのうち体力ついたらランニングに挑戦したい。どうだろう?
 

AppleWatchは寝ながらだとチラ見できない…

AppleWatchが僕の手首にやってきてはや3日。1日持たないといわれてた電池も意外と長持ちしている。ということで目覚まし替わりに腕に着けたまま寝てみました。振動で確実に起こしてくれるAppleWatchは朝起きるのにも頼りになるはず。

  
アラームをセットしてもちろん時間通りに起こしてくれました。んで寝ぼけながら「いま何時かな?」と思ってAppleWatchをチラ見したんですが反応なし!いつもAppleWatchの画面を顔にむけると時間を示してくれた画面が真っ暗。さすがに寝ながらの使用は想定していなかったのかウンともスンとも言えない。デジタルクラウンを押せばもちろん使えますが、片手で確認出来れば変に体勢を動かさなくて済みます。

センサーが立った状態か座った状態で動いているのを予測して画面が反応するようにしているのでしょう。しかし、またOSも初版なのでそのうち対応してくれることに期待しましょう!

【AppleWatch】Hey Siriでカメラを起動する方法

起動するも何もApple Watchに「Hey Siri(ヘイシリ!)カメラを起動!と話しかければiPhoneのカメラが起動します。

  
  
ね。簡単でしょ⁇

  
もちろんホーム画面のアプリでも起動します。

  

ホーム画面から起動ももちろん出来ますがSiriで起動するのもいいですね。あとほサイドボタンか画面のシャッターボタンを押せばリモートで写真が撮れます。iPhoneからシャッター音がするので撮影場所には気をつけたい。

※補足

ちょっと認識が違ってうまく起動しない時もありますが…(笑)

   
   

【設定】AppleWatchのペアリングは時間がかかりiPhoneも使えないので余裕を持ってやるのがおすすめ

AppleWatchを着けて1日経ちますがなかなか便利です。

昨日はたまたま手元に来てから時間があったので使えるようになるまで余裕がありました。これがもし購入して外出先で設定するには意外と時間がかかりますので注意。設定完了するまで時計すら使えないのでややハードル高め。

まずはサイドボタンを長押しして起動。起動するまで1分ほどかかります。スペースグレイですがAppleマークもなんだか控えめです。 
  起動が終わると言語設定の画面。 


日本語を設定します。クールに行きたい人はEnglishで(笑)     

言語設定が終わるといよいよペアリングの作業!(自分のiPhoneと連携させます。)
    

 iPhoneのAppleアプリ(iOS8.2以上iPhone5以降限定)を起動。 
iPhoneとWatchのペアリング開始を押して中央の四角にWatchの画面を合わせます。

  

この作業はあっという間に終わり。

  

AppleWatchの画面がカッコよくなっています!ペアリングの時しか見れないのて余計にテンションが上がります!

そのままiPhoneで設定。利用規約を読んで同意。

   

AppleIDを紐付けします。(ちょっと興奮気味でボリュームボタンを押した直後にスクリーンショットしてしまいました汗) 

 位置情報の設定。 

  Siriもオン。

自動送信はするに設定。気になる人はしなくてもいいかと。  

 念のためにAppleWatchの パスコードを設定しました。

  

AppleWatchのスクリーンショット!(デジタルクラウンとサイドボタンを押すと出来ます。)

  
  時間に余裕があったのですべてをインストールを選択しました。

 

iPhoneと同期。ここからが非常に長い!iPhoneも使えないので注意です。アプリをすべてインストールしないにすると早くなるのかな?検証できないのでわかりませんが… 

  

AppleWatchの画面もこのまま目盛りが埋まるまで使えません。

  

  

完了するとやっと使えます!設定しないと時計すら使えないと言う…

  
  
あとは細いカスタマイズすればどんどん自分のWatchになることでしょう。

  

Apple関係を中心に気になったことを書いています。