カテゴリー別アーカイブ: Mac

RSSリーダーのReeder for Macのbeta版で復活!

2014 04 14 10 12 04 am

Googleリーダーが2013年の7月に終了後RSSリーダーのMac版「Reeder for Mac」がしばらく、というか今まで使えませんでした。先日やっとbeta版のダウンロードをHPで開始しました。正規版がおそらくAppStoreで販売されるまで無料で利用が可能のはずです。

早速使っています。RSSの記事はMacの画面でさくさく消化するのが一番です!いろいろ他のアプリで代替していましたがやはりReederが一番。大量に貯まる未読記事にストレスを感じていましたが、これで少し解消されます。正規版が出ても必ず購入決定。

iPhoneアプリ(ユニバーサル)

Reeder 2 App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥500

 

代替で使っていたMacのRSSリーダー

ReadKit App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥700

 

http://reederapp.com/mac/

iPhoneのテザリングは画面をロックしないほうが繋がりやすい。

外出時はMacBook AirをiPhone5Sのテザリングでネットに繋いでいます。iPhone5でもそうでしたがインターネット共有の画面をロックしないでおくと一番繋がりやすいです。

IMG 2695

あくまでも僕のなかで一番繋がりやすい方法

  • インターネット共有(テザリング)をオンにしてから90秒以内につなぐ
  • インターネット共有の画面をつながるまでロックしない
  • MacBook Airはインターネット共有をオンにしてから開く(1度記憶済み)

インターネット共有から90秒以内が認識する時間

ネットでいろいろ調べてみるとテザリングをオンにしてから「90秒ルール」という設定があるようです。90秒以降はデバイスを認識するSSIDというiPhoneのデバイス名が見えなくなってしまいインターネットにつながりません。もし名前が見つからない時はオンオフを繰り返すといいです。

インターネット共有の画面は表示させたままに

インターネット共有の画面はつながるまで表示させたままにしましょう。電車とかだとスペースがあまりないので画面を表示させたままにしてポケットに入れてつないでいます。

MacBook Airはインターネットをオンにしてから開くと手間が省ける

一度自分のiPhoneを認識していると、次回からインターネット共有を先ほどの状態でオンにしていればMacBook Air(MBA)を開いただけでインターネットに繋がっています。MBAを開いてからインターネット共有をオンにするとWiFiのアイコンからデバイスを選んで接続する手間があるので、この手順はおすすめ。

是非スタバや通勤電車でドヤ顔でMBAを使ってください。

ReederのiPadとMac版はしばらく削除されている。

7月1日にGoogleリーダーが終了しました。代替としてFeedlyとlivedoor リーダーにバックアップをしていました。

iPhoneのReederアプリ(バージョンは3.2)はFeedlyに対応しておりなんとか今までのように使えています。(ちょっとバグなのか毎回ログインをしなくてはならないのとバッジで未読数が表示されない)

現状MacでRSSフィードを消化しているのはSafariにインストールしたFeedlyプラグイン。操作性はあまり良くないですがなんとかしのいでいます。

Reederのサイトによると新しいサービスと連携するのは簡単ではないそうで、Googleリーダーにしか対応していないiPad版とMac版は対応するまでApp Storeから削除しているとのこと。

早く対応して戻ってきてほしいです。なんだかんだMacでRSSを消化するのが一番効率的です。

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

 

現在iPhone版は無料。多分iPadなどに対応したら有料に戻すはずです。まだの人は今のうちにダウンロードしておくのがいいですね。

DailymotionをAppleTVで見る方法。

Dailymotionという動画サイトをAppleTVで観たい方が結構いらっしゃるので自分のやり方を紹介。

DailymotionをAppleTVであっさり観れた。 | スドログ

一年以上も前に書いた記事にアクセスがあるのですが、この時よりはアプリや視聴環境も変わってるので改めて紹介。

iPhoneでAirPlayを使ってつなげるのが一番手っ取り早い

まずAppleTVを起動している状態であれば非常に簡単。

Dailymotion — All the best videos of News, Sport, Music, Movies and more App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

 

Dailymotionのアプリで目当ての動画を再生するだけ。その時にAirPlayのアイコンが出てくるのでそれをタップ。AppleTVが立ち上がっていなければこのアイコンは現れません。

NewImage

 

AppleTVに接続が成功するとAirPlayのアイコンが黄色くなり画面もAirPlayの表示が出てきます。

NewImage

MountainLion以降ならAirPlayミラーリングでDailymotionが観れる

ぼくは個人的にはあまり好きではないのですが、手持ちのMac経由でDailymotionをAppleTVに接続出来ます。

OS X Mountain Lion の AirPlay ミラーリングについて – Support – Apple

Macを起動したりAirPlayのオンをしてDailymotionをフルスクリーンにしたりと、手間がかかってしまうのであまりやりません。でもAppleTVはあるけどiPhoneはない、でもMacはあるってパターンもいるわけです。MacBook Airとかだと画面小さいから大画面で観る時はこの方法もあります。

 

Keynoteのプレゼン作成は動画が一番わかりやすい。

運良く半年に一度くらいプレゼンの機会がめぐって来ます。

Apple製品では定番のプレゼン作成アプリKeynote自体は初代iPadから利用していますが今のメインはMacBook Airです。

Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

 

iOS版

Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥850

 

プレゼンの回数を重ねるごとに慣れてくるのと一緒でもっとレベルの高い表現がやりたくなります。

そこで参考にしたのがYouTubeで見つけた初心者向けの動画でした。

内容は英語ですが何回か作っているのであればある程度理解できると思いますので参考にしてみては?

エピソードが1から12まであります。どの動画でも毎回教えてくれるのですがKeynoteの画面左下にある画面をWindowに合わせるって項目があるのですがこれは作業に楽になります。画面全体を見ながら作業するほうが効率がいいですね。

おすすめは動画速度を1.5倍か2倍で。これ使ったことがないんですがチュートリアルものはとても便利ですね。

MagicMoveってエフェクトはこちらを参考にしました。英語なんですが訛りがひどいのですが理解できるはずです。

チュートリアル系は動画に限ります。文章でももちろん勉強出来ますが理解度は動画のほうが数倍速いですね。