ペーパードライバーを教えるのは結構困難

免許を取ったっきり15年ほど運転をしていない妻が2人目の子を産んでからやる気を出してくれました。2度ほどペーパードライバー講習を受けて自信を付けたのはいいのですが、練習がてら僕と二人で近所のスーパーまで運転するのですが駐車するのにかなり手こずりました。

教え方を知らないと余計に混乱させる

僕自身免許を習得してほぼ20年経ちますが教習所的な運転のやり方ってほとんど覚えていない。さらに助手席に座って運転手側のことを伝えるのが意外と難しい。自動車に乗るときはほとんど運転なので助手席側からの車幅の感覚が正直わからない。運転歴が少ない妻の運転なのでこちらも過度に緊張して焦り気味に指示してしまうので余計に焦らせてしまう。

妻は妻で講習してくれた先生の教え方と違うとか言ってさらにチグハグ。

講習の先生の駐車のコツがいまいち理解出来なかった

もう何年も自分のスタイルで運転しているといざ人に教えるとなるとわけが分からなくなってしまった。ペーパードライバー講習の際に教えてもらったという先生の駐車のやり方が理にかなっているけどそれを僕の体が覚えていないので余計に混乱させて伝えてしまう。

ちょうど先生から教わったことに近い車庫入れの動画をJAFが公開していました。

動画から抜粋したポイント

  1. 駐車スペース横に1mから50cmに寄せる。
  2. 助手席の窓の中央に白線が見えたら停止(自分の肩に重なるくらい)
  3. 停止したまま右(駐車スペースと逆に)いっぱいにハンドルを切る
  4. そのまま前進
  5. 左側のミラーに左側の車両が見えるまで前進
  6. 停止して左いっぱいに切ってバック開始
  7. 左右のミラーと目視で確認しながらハンドルを調整
  8. 隣の車と平行になったらハンドルを真っ直ぐの位置へ戻す
  9. 隣の車の位置を見ながら適切な位置までまっすぐ下がる

とさらっと動画では書いてあるのですが運転に慣れていないと理解しにくいポイントがいくつかある。例えばミラーの位置。これが間違っているとどうにもこうにも説明がうまくいかない。バックをしながらの車庫入れは何年経ってもミラーから見える目標物で判断している。ここのコツさえ掴めればすんなりできるはず。でも、それが一番難しいこと。

ミラーの見え方についての動画もありました。後方の自分の車両の見え方は1割くらい。あとは後方が確認できるように調整。なかなか文章で伝えにくいですが動画をみるのが一番かな。

次回妻の練習に付き合うときはもう少しわかりやすく伝えられるかな…

iPhoneをカーナビ代わりに

iPhone6Plusの満充電は3時間以上かかった!

iPhone6Plusを購入して早一ヶ月以上。でかくなって不便さもありますが大きくなって、できる事が多くなったので差し引いても満足しています。

今回はiPhone6Plusの電池残量1%から100%までどのくらいかかるか測ってみました。計測環境は純正アダプターに純正Lightningケーブルでの充電と至って通常。室内の温度も20度前後のはず。(ちょっと測っていないないけど暑くもなく寒くもなく)

100%まで3時間以上!というか4時間近く…

IMG 7234

スクリーンショットは1%の充電開始時からストップウォッチで時間を測っていました。100%になった直後の写真です。3時間46分て時間かかりすぎ(笑)遅いとは思っていたけど朝の準備をしているときにサクッと充電って感じではないですね。本体が大きくなった分バッテリー容量も増えているので仕方ないのですが遠出をするときにはバッチリ充電はしたい。

ということで買っちゃいました12Wの純正充電器!

付属で付いている純正アダプターは5Wなので単純に倍以上の出力!でこちらの充電時間も計測しました。

12Wは1分で1%のスピードで充電できます!

IMG 7323

時間がなくて100%まで出来ませんでしたが70分で65%の充電が出来ました。1時間も充電できれば安心できるくらいの充電量。12Wの充電器買ってよかったです。

ただアマゾンで購入したんですが到着までしばらくかかるのと、Appleの保証がつくのかどうか怪しい。もし心配な方はAppleのオンラインストアで購入が安心ですね。

Apple 12W USB電源アダプター

やや安いのがよかったらAmazon梱包がチープでしたがちゃんと届きました。