iPhoneのテザリングは画面をロックしないほうが繋がりやすい。

外出時はMacBook AirをiPhone5Sのテザリングでネットに繋いでいます。iPhone5でもそうでしたがインターネット共有の画面をロックしないでおくと一番繋がりやすいです。

IMG 2695

あくまでも僕のなかで一番繋がりやすい方法

  • インターネット共有(テザリング)をオンにしてから90秒以内につなぐ
  • インターネット共有の画面をつながるまでロックしない
  • MacBook Airはインターネット共有をオンにしてから開く(1度記憶済み)

インターネット共有から90秒以内が認識する時間

ネットでいろいろ調べてみるとテザリングをオンにしてから「90秒ルール」という設定があるようです。90秒以降はデバイスを認識するSSIDというiPhoneのデバイス名が見えなくなってしまいインターネットにつながりません。もし名前が見つからない時はオンオフを繰り返すといいです。

インターネット共有の画面は表示させたままに

インターネット共有の画面はつながるまで表示させたままにしましょう。電車とかだとスペースがあまりないので画面を表示させたままにしてポケットに入れてつないでいます。

MacBook Airはインターネットをオンにしてから開くと手間が省ける

一度自分のiPhoneを認識していると、次回からインターネット共有を先ほどの状態でオンにしていればMacBook Air(MBA)を開いただけでインターネットに繋がっています。MBAを開いてからインターネット共有をオンにするとWiFiのアイコンからデバイスを選んで接続する手間があるので、この手順はおすすめ。

是非スタバや通勤電車でドヤ顔でMBAを使ってください。

コメントを残す