LinkedInでうっかり大量に招待メールを送信してしまった

いや〜やってしまいました。スパムまがいのLinkedInの招待メールを全送信。送ってしまった皆様びっくりさせて申し訳ございません。もう送らないように設定したので送られることはないと思いますが、もしその場合は連絡ください。

嫁さんのお母さんに不審なメールが来たと教えられて気づいた

早朝に一度目がさめた時にiPhoneをいじっていた時に何故かLinkedInのアプリの設定をしてしまったのが不運の始まり。iOS7にアップデートしたあとに開いていなかったらしくログイン画面からの設定。設定を進めていくうちにiPhoneのコントタクトから招待メールを送りますのか?という画面で普通にスキップするつもりがふとした習慣に「送信」ボタンを触ってしまったのです。しかもワンクリックのみで…。たぶんわざとこういう仕様になっていますね。早朝に電話帳に登録してある365件に全送信。取引先の業者さんとか含めて全部に…ついでにiOSはFacebookの連絡先ともつながっておりアメリカの知人まで送信。その時はあまり気にしていなかったのですが、嫁さんが義母さんの携帯に変なメール送った?と聞きながらその携帯を見せられた時に「はっ」となりました。

調べてみたらLinkedInの招待メールがかなり厄介だと判明

ちょっと日本では馴染みの少ないSNSですが、米国ではビジネスでは必須のアカウントです。老舗のWebサイトですので仕様もちょっと古くさいところを継承しているようです。で、この招待メールなんですが、一度送るとなにも対処しないとしつこく送りまくるらしいのです。一度だけではなく執拗にメールを送り続けるのだとか。

「LinkedIn 招待メール 停止」などで調べると困っている人がたくさんいるようです。

参考にした記事→LinkedInでスパムを送らないための注意点とリマインダの止め方

全送信には1秒で停止には2時間かかる悪魔の仕様

これPCでLinkedInにログインしLinkedInの中のメールで設定しなくてはなりませんでした。

「メール」→「送信済みメール」→「メッセージの詳細」→「送信済みつながりリクエスト」のタブ→「取り下げ」

悪夢の全送信にはワンタップ、配信停止には宛先に付きいちいち「取り下げ」ボタンをクリックして停止。放っておきたいところですが、これ以上迷惑をかけられないので一つ一つ「取り下げ」ボタンを押して処理をしました。ここでも嫌がらせで「取り下げ」押したあとはいちいちトップ画面に戻るのでとても時間がかかります。中盤からちょっと効率が良いやり方を見つけてました。戻るボタンを2回押せばメール一覧に戻れるのでそれでなんとか全て設定終了。要した時間はおよそ2時間。これ以上メールを送ることは避けたいので我慢して処理しました。対して使っていないSNSなので疲労感も倍に…

寝起きで変なアプリは触らない

たまに寝ぼけまなこでiPhoneをいじっていると、アイコンを押し続けて誤ってアプリを消したり変なメールを作成しかけたりと結構困ることをしそうになりました。が、今回は最悪で無意味に全送信。やってしまいました。改めてメールを送ってしまって申し訳ございません…

運動会とプロカメラマン

つい先日息子の晴れの舞台、幼稚園の運動会を見に行ってきました。息子が家で見せる表情とは全く違う入り面が見れるので感動してします。

通っている幼稚園なんですがそれなりのマンモス幼稚園で私立です。結構きっちり教育する方針らしいので集団でのダンスやら鼓笛隊などが目白押しでした。そこでちょっと気になったのが幼稚園と契約しているプロのカメラマンたち。入学式やいろんなイベントで撮って頂いているのですが、運動会はいつもより気合の入り方が違っていました。

子どもたちが競技をしているグラウンドの中を常に走り回ってシャッターを切りまくっているのです。そりゃ近くから撮ればベストショットも増えるだろうけどグラウンドの中を動き回られるとそっちが気になり始めます。これあとで写真が購入できるんですが結構高い!なんか金の匂いがプンプンして引いてしまいました。

だいたい運動会はパパ達が高級カメラで自分の子供を撮るってのが相場で、実際に場所取りとか結構たいへん。でもそれは純粋に自分の子供の記録を残しておきたいって思いがあるからなんとも思わない。でもプロカメラマンたちはなんかちょっと運動会には合わないって話です。

でもプロの写真を楽しみにしている人もいるので複雑です。

堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.191でした質問がなんとYouTubeに採用されていた!

堀江貴文 ブログでは言えない話

創刊から購読している有料のメルマガ。人気コーナーは読者からのQ&A。最近はYouTubeにより詳しく堀江さん自身が解説した動画をアップしています。

なんとなーくQ&Aの動画をながめていらた…

自分の質問が採用されているではないか!!

その質問がこちら↓

【Q,56】
 新しいプロジェクトを立ち上げたり、起業した時の創業時のメンバー報酬の
配分はどのように決めてますか?
 折半はよくないと仰っていたのでどうすべきかと。立ち上げる前にある程度
基準が知りたいです。
Twitter:cinemasato

A,できれば出資割合に強弱をつけるべきでしょうね。基準とかはありませんか
ら、相談して決めてください。

そしてこちらがYouTubeの動画!

2週間くらい前の動画だったんですね。気付きませんでした…その頃はiPhone5sを手に入れたばかりでウヒョーってなっていたから仕方ない(笑)

で、質問の趣旨なんですがもし会社などを立ち上げる時にどういう取り決めをしているのかを堀江さんに聞きたかったのです。メルマガではいつも通りあっさりと返答してくれましたが、動画だとかなりのボリュームで解説してくれています。堀江さんが寺田有希ちゃんをいじりまくって、なかなか答えにたどり着かないですが(笑)やっぱためになります。起業では無くても会社の小さな部署でもやはりリーダーシップは必要なんだなと。仲良しクラブだとなかなか先へは進めないってこと。まぁのんびりやるのも楽なんですけどね…

僕が起業するかどうかはさておき、金が絡んで来ることはきっちり取り分とか決めなさいってことですね。

堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.195で採用された質問。

堀江貴文 ブログでは言えない話

創刊から購読している有料メルマガです。醍醐味はルールを守った質問はすべて答えてくれること。しかも、最近はYouTubeでQ&Aのコーナーから質問をピックアップして詳しく解説してくれるようになりかなり価値が高まりました。

自分がした質問であればブログに掲載してもよいということなので今回も掲載させて頂きます。

【Q,35】
 富裕層の方たちの態度や考えかたについてです。
 都内の高級住宅街の飲食店で勤務しているものです。
 常連客の中には庶民には信じられないくらいの金持ちの方たちが来店されま
す。土地柄なのかお金に対するストレスが無いのかとても余裕を感じます。
 時にはびっくりするぐらいの差し入れを頂いたりと気遣いも素晴らしい方が
多いです。自分はというと何かと利害を心の中で求めていたりと小さい自分に
嫌になる時があります。
 そこで、常に富裕層の方達と接しているであろう堀江さんに質問。
 堀江さんの周りには純粋に心から人のためになることをしたいという人が多
いのでしょうか? それとも利害を考えての行動もあるのか?
 経済的に余裕は持ちたいのでそう言った人たちの態度というか考え方に興味
を持っていますのでよろしくお願いします。
Twitter:cinemasato

僕の質問に対しての堀江さんの答え→

A,利害を考えるかどうかは、ズバリ人によりますね。ただし、気遣いのレベル
は皆高いですね。驚くほどです。その気遣いで今の地位を築いたんだなって思
います。

やはり富裕層の方たちの気遣いのレベルは高い!

そして、その気遣いでその地位を築いたんだなという答えに重みを感じます。一般家庭で育ちほぼ同じような家庭環境の人たちとの生活なので、田舎にいた時にはなかなか出会うことが出来なかった人たちです。たまたま都内の飲食店で働ける機会を持ち、富裕層の方たちと接点を持てることが、とても恵まれていると改めて思います。

なかなか真似することは出来ないですが、いろんな人に気遣いをするってことは自分の環境をつくることでもあるんだなと。

11月9日に発売の堀江さんの新刊「ゼロ」楽しみです。それに先立ちブロガーミーティングに応募しましたが華麗に落選…ブログのアクセス少ないし書評も少ないからかな?

Googleの検索アルゴリズム変更によってかなり影響を受けています…

検索結果に90%の影響を与えるGoogleの新検索アルゴリズム「ハミングバード」って何?

もともと弱小ブログだったのですがこのGoogleの検索の評価方法が変わったらしく、検索ワードからの流入が最近一気に減りました。有料のSEO対策などは全く意味がなくなり、記事やサイトの内容が重要視されるとのことです。

それにしてもアクセス減りすぎ

ここのところ記事を書いていなかったこともあり評価が下がったのか?検索ワードからの訪問が激減。いろいろな過去の記事が検索に引っかかり始めた矢先の出来事です。特にiOS7のダウンロード開始からiPhone発売までの間のお祭り騒ぎのようなアクセスアップからほぼ10分の1に減りました。まぁ自分も記事を書いていなかったのも悪いのですが、ここまで減るとは考えていませんでした。

もう一度仕切りなおし

それでもまだ少し検索からのアクセスはあります。ブログを始めた初期の状態に戻ったわけではないので、もう一度ブログを書く頻度を上げるようにしていきます。ウォーキングなどもサボり気味だったのでそこら辺ももう一度体制を整えて。

そういえば最近何かと調子悪い

アクセス減もそうですが、体重もなにげに増加気味。ライフサイクル自体が負のスパイラルに陥る一歩手前なのかも知れません。やりたいこと、楽しいことを再度見つめなおしていこうと思います。