iPhoneがドコモから出ようが今回はSoftBank。

「iPhone発売決定」報道にdocomo異例の公式見解

iPhoneの800MHz帯対応したらKDDIへの想いが揺らぐかもしれません。それでもドコモからiPhoneが出るようなことがあればSoftBankの孫社長は流出を防ぐべく、あらゆる手段を使ってくるはずです。

SoftBankは既存ユーザーを残すプランで対抗するはず

まぁ毎回の事なので当たり前のことなんですが…iPhone4SとiPhone5の時のauとの攻防戦は見ものでした。結局両者ほぼおなじ条件に落ち着きはしましたが、電波が良好なSoftBankが前回はやや優勢といったところ。

今回の見所は800MHz対応とドコモの料金プラン

電波のことは詳しく知りませんが新型iPhoneが800MHz帯に対応するとKDDI陣営には朗報。この電波帯がプラチナバンドのLTEなのだそう。iPhone5まではいろいろな不具合がありましたが、もし800MHz対応になると最強のiPhoneになりそうです。SoftBankもiPhone登場当初こそ繋がりにくかったのですがここ数年は殆どストレス無く使え、念願のテザリングも快適そのものです。ですがそれ以上の快適な通信環境になったらそれはそれで迷うところです。たぶん来年の新型iPhoneで検討に入るかも。

次に気になるのがドコモの料金です。発売後はツートップ戦略を捨ててでもiPhoneをゴリ押ししてくることは間違いないし魅力的な料金になるはず。

9月10日以降の攻防戦が楽しみ

どちらにしても今回はSoftBankは確定ですが3社がどう戦うのか楽しみ。SoftBankは後出しジャンケンをしてくると思いますが前回のiPhone5は発売日までぐちゃぐちゃ過ぎてソフトバンクショップのスタッフでさえも理解不能状態でした。今回はプラン変更などないと思いますが攻防戦を含め楽しみたいです。

コメントを残す