バズってた半沢直樹を観て理想の上司像を考えてみた。

TBSドラマ「半沢直樹」一度見始めたら止まりません。ドラマを楽しみにするのって「白い巨塔」以来かな?(いや「あまちゃん」観てますわ…)内容も「白い巨塔」の銀行版って勝手に思っています(笑)

で、何が面白いかって理不尽なことを仕向けてくる上司に堺雅人演じる「半沢直樹」が真っ向からぶつかりやっつけてしまう爽快感がたまりません。幸い僕の職場は上司が理不尽なことを吹っかけて来ることはありませんが…

「やられたら倍返し!!」

豪華キャストも面白さに拍車をかけてきます。お気に入りは香川照之演じる「大和田常務」。大和田常務がかなり怖くて何枚も上手で恐ろしいのです。それに立ち向かう半沢直樹。演技がみんな鬼気迫っていてグイグイ引きこまれます。

半沢直樹のような上司や経営者が理想

まぁあんなドラマのようなアクション的な事は求めていませんが、半沢直樹から学べることは多いと感じているサラリーマンも多いはず。僕もその一人で、銀行マンバンカーとしての半沢直樹は顧客である融資先への情熱が半端無いのです。半沢の上司は、利益を生まないもしくは融資額が低い取引先の扱いがひどすぎるのです。人としてみないというか、ゴミのように切り捨ててしまいます。でも半沢は融資先の強みを更に際立たせ、業務も改善できるように親身になって対応しています。

社内での態度もスカッとさせてくれます。クソ上司には徹底的に対抗し、部下は半沢のために行員人生を捨ててでも一緒に協力して立ち向かいます。それは半沢のリーダーシップが強烈であり、理不尽なことには断固として揺るがない強さにみんな惹きつけられるのだと思います。

半沢のような強い決断力がほしい

自分にはまだまだ強いリーダーシップが無いです。前へ進むためにはいろいろ負担が生まれます。その負荷に負けて現状をそのままにしていたりすることが多い。でも何かを変える時って決断をしなくてはいけない。決断をしないでそのままずるずる行くのも自分が決めたこと。

半沢直樹は進むべき道を強烈に示してくれます。正攻法ではない手段も時には使いますが、目標のためには手をゆるめません。会社に反する行為をしてでもやるべきとは思いませんが、リスクを取って突き進む力強さには憧れてしまいます。

とちょっと自分の立場に置き換えてみながら「半沢直樹」を楽しんでいます。最近嵌るドラマやアニメが多くて困りますが楽しいので仕方ありません(笑)

毎週日曜日が楽しみになってしまいました。

原作本もちょっと読みたい。

コメントを残す