バズってた半沢直樹を観て理想の上司像を考えてみた。

TBSドラマ「半沢直樹」一度見始めたら止まりません。ドラマを楽しみにするのって「白い巨塔」以来かな?(いや「あまちゃん」観てますわ…)内容も「白い巨塔」の銀行版って勝手に思っています(笑)

で、何が面白いかって理不尽なことを仕向けてくる上司に堺雅人演じる「半沢直樹」が真っ向からぶつかりやっつけてしまう爽快感がたまりません。幸い僕の職場は上司が理不尽なことを吹っかけて来ることはありませんが…

「やられたら倍返し!!」

豪華キャストも面白さに拍車をかけてきます。お気に入りは香川照之演じる「大和田常務」。大和田常務がかなり怖くて何枚も上手で恐ろしいのです。それに立ち向かう半沢直樹。演技がみんな鬼気迫っていてグイグイ引きこまれます。

半沢直樹のような上司や経営者が理想

まぁあんなドラマのようなアクション的な事は求めていませんが、半沢直樹から学べることは多いと感じているサラリーマンも多いはず。僕もその一人で、銀行マンバンカーとしての半沢直樹は顧客である融資先への情熱が半端無いのです。半沢の上司は、利益を生まないもしくは融資額が低い取引先の扱いがひどすぎるのです。人としてみないというか、ゴミのように切り捨ててしまいます。でも半沢は融資先の強みを更に際立たせ、業務も改善できるように親身になって対応しています。

社内での態度もスカッとさせてくれます。クソ上司には徹底的に対抗し、部下は半沢のために行員人生を捨ててでも一緒に協力して立ち向かいます。それは半沢のリーダーシップが強烈であり、理不尽なことには断固として揺るがない強さにみんな惹きつけられるのだと思います。

半沢のような強い決断力がほしい

自分にはまだまだ強いリーダーシップが無いです。前へ進むためにはいろいろ負担が生まれます。その負荷に負けて現状をそのままにしていたりすることが多い。でも何かを変える時って決断をしなくてはいけない。決断をしないでそのままずるずる行くのも自分が決めたこと。

半沢直樹は進むべき道を強烈に示してくれます。正攻法ではない手段も時には使いますが、目標のためには手をゆるめません。会社に反する行為をしてでもやるべきとは思いませんが、リスクを取って突き進む力強さには憧れてしまいます。

とちょっと自分の立場に置き換えてみながら「半沢直樹」を楽しんでいます。最近嵌るドラマやアニメが多くて困りますが楽しいので仕方ありません(笑)

毎週日曜日が楽しみになってしまいました。

原作本もちょっと読みたい。

ホリエモンのメルマガのQ&Aコーナーの返答。

いつも購読している堀江さんのメルマガ

一つの売りである読者へのQ&Aのコーナー。ぼくもたまに質問して回答をもらいます。今週もシンプルな返答をいただきましたので転載します。(自分の質問は転載オッケーだそうです)

【Q,52】
 堀江さんの作業場は自宅が多いでしょうか?
 私は自宅だと妻や子供がおりなかなか集中して作業が出来ません。しかし、
いざ3時間ほど誰もいない自由な時間を確保し、さてブログでも書こうかとPCに
向かうのですが無駄にネットサーフィンしたり、エロ動画を見てしまいます。
 そこで、堀江さんに質問です。誰も邪魔をしない自由な環境でも集中して作
業ができる方法を教えていただきたいです。あらゆる誘惑に打ち勝つ方法を伝
授してください! Twitter:@cinemasato

A,ブログを書くのが楽しくないからでは? 楽しくする方法を考えればいいの
ですよ。

単純なことなんです。

集中出来ていない時って楽しくないんですよね。だから誘惑がいっぱいある自宅とかは楽しい誘惑に流れてしまいます。だからそれ以上に楽しいことをしていれば誘惑に負けない。だからブログを書くことを楽しくすればいいんですね。

でもそれが難しい…とても楽しいことをブログに書けばいいんだけど(笑)

Kindleに積ん読がどんどん増えていく…

よくブログとかで書評なんかを読んで面白そうと思うとすぐAmazonのKindleをポチります。そして積ん読がどんどん貯まっていきます。

積読(つんどく)

買っても机の上などに積んでいるだけで読んでいない本・新聞・雑誌等のこと。積ん読とも表記。読書家なら必ず持っているもの。本は腐らないから出会いは一期一会だから今読まなくても、ぜったい読むからなどと自分に言い訳する頃には、数百冊単位の積読を抱えている場合が多い。

 

読書家ってわけではないんですが物理的に本が積み上がるわけでもないし、Kindleだからどこでも読めるって感覚なのでついつい積読が増えてしまいます。あとKindleストアは書籍よりは価格が安いのでセール中とかってされるとポチっと。

あといけないのはKindleアプリを開いて読もうかとおもった時に一覧に進撃の巨人があるのでついつい読み返してしまいます。んでまた謎を解きたいと思って過去の話をまた読んでの繰り返し。

便利すぎるのも気をつけないとです。

Kindle App
カテゴリ: ブック
価格: 無料

 

安い花火は短時間で終わってしまって楽しめない…

最近スーパーやホームセンターで激安の花火のセットを見かけます。200円とかで結構なボリューム。でも、ボリュームだけで火を点けてもあっと言う間に終わってしまいます。なんか点火しているばっかりで楽しめないんですよね。子供はまぁ楽しんでいますけど行ったり来たりを頻繁にするので危ない。

1000円くらい出せばそれなりに花火が楽しめる

親戚の子どもと共にやった花火。激安ではなくてちょっと高めの1000円台。高さも出るし、手持ちの花火も長く楽しめるのでいいです。どうせ夏しかやらないものなのでケチらないでやりたいものです。

噴出花火

IMG 7620

IMG 7622

手持ち花火

IMG 7624

子供の夏休みもそろそろ終わり。あと何回かやりたいってせがまれるかな。でも何回もやると安いので済ませちゃおうって気持ちもありますがね…(笑)

iOS7にアプリがどんどん対応しているのを感じている今日このごろ。

来月には新型iPhoneとiOS7のリリースが噂されていますがほぼ間違いないでしょう。開発者登録してまでiOS7をダウンロードしましたが最初の頃は不具合ばかりでただ友人に自慢するだけのシロモノでした(笑)。iOS7に対応しているアプリも少なく使い勝手は相当悪かったのも懐かしく感じるくらい主要なアプリは修正されバグもほとんど無いです。

iPhone5でもストレスなく使えるようになってきた

iOS7を入れてからiPhone5の動きももっさりしていたのですが、アップデートを繰り返すたびに固まることも、アプリが落ちることも少なくなりました。ベータ版公開当初はアプリは落ちるは、OS自体も不安定だしビクビク使っていました。でもそこはさすが世界のApple。リリース前にはきっちり形にして改善してくれました。

iOS7は使えばすぐに慣れ便利だと感じる

今回はiPhone史上最大の変更と言われるくらいデザインが一新されています。最初は驚きと戸惑いばかりだと思いますが基本的な使い方や考え方は変わらないのですぐに慣れると思います。そして細かいところがとても使いやすくなっています。とくに新しく出来たコントロールセンターは非常に便利です。設定やカメラ、フラッシュライトなどさっと使いたいときに使えるのが嬉しい機能です。

毎年恒例の新型iPhone購入が楽しみ

日本で発売されたiPhone3Gからのユーザーで、iPhone3GS以外はすべて毎年発売日に購入しています。自分の好きなことでもありますし、生活で一番重要なデバイスは最新型でストレスなく使いたい。iPhoneだけは毎年新しくしています。そして、毎回感動しています。歳を重ねるとあまり感動することって少なくなるのですが、Appleにはまだしばらく感動させていただけると思っています。ということで少しずつソワソワし始めています(笑)