ReederのiPadとMac版はしばらく削除されている。

7月1日にGoogleリーダーが終了しました。代替としてFeedlyとlivedoor リーダーにバックアップをしていました。

iPhoneのReederアプリ(バージョンは3.2)はFeedlyに対応しておりなんとか今までのように使えています。(ちょっとバグなのか毎回ログインをしなくてはならないのとバッジで未読数が表示されない)

現状MacでRSSフィードを消化しているのはSafariにインストールしたFeedlyプラグイン。操作性はあまり良くないですがなんとかしのいでいます。

Reederのサイトによると新しいサービスと連携するのは簡単ではないそうで、Googleリーダーにしか対応していないiPad版とMac版は対応するまでApp Storeから削除しているとのこと。

早く対応して戻ってきてほしいです。なんだかんだMacでRSSを消化するのが一番効率的です。

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

 

現在iPhone版は無料。多分iPadなどに対応したら有料に戻すはずです。まだの人は今のうちにダウンロードしておくのがいいですね。

コメントを残す