開発者登録してiOS7をゲットしました。

Appleの一大イベントWWDC2013で発表され即日ベータ版が開発者向けにダウンロードが開始されました。いつもは秋までスルーなのですが、あまりにもUIが変わりどこからでもアクセス出来るControlCenterを搭載されたので我慢できず開発者登録してiOS7をゲットしました。

開発者登録には年間8400円が必要

その昔iPhoneアプリを作ろうと思って開発者登録して、そのまま放置していたアカウントを使いました。現時点で一般公開されているものは無料ですがiOS7は秋公開の予定ですので一年間の有料登録をしなければなりません。

iOS7ベータ版をインストールする方法|携帯総合研究所

こちらの記事を参考に登録しました。すべて英語でかなりの確立でエラーが出るアクティベーションで、僕もエラーでした…ここで半日潰れたのですが、この記事のおかげで翌朝には解決。Appleに「エラー直して!」って連絡すればすぐでした。僕は英語でしたが質問は日本語でも大丈夫そう。(英語の返信以外に日本語でも返信がきたので)

ひらすらリンゴマークを見守りつつ40分ほどでインストール完了!

でましたロックスクリーン!

iOS7

念願のControlCenter!

iOS7

以前は脱獄(Appleの制限を解除)して重宝していた機能です。特によく使ってたのは画面の明るさ調整とWi-Fiのオン・オフ。ホットスポットの項目がないのは残念ですが秋までに付け加えてほしい。(無くてもいいけど)

噂のフラットデザイン

iOS7

iOS7

新しいアニメーション効果と一新されたUI。iPhoneなんだけどとても新しくポップ。もちろん純正以外は未対応なので既存のアプリが古臭く感じます。

ちょっともっさりしてしまう

まぁ毎度のことですが既存のiPhoneに新しいOSを入れると処理が追いつかず、遅くなってしまいます。さくさく動いていたiPhone5も例に漏れずもさっり。あと純正アプリ以外はもっとひどくて、落ちたりしてしまいます。秋までに開発者が調整するので正規版が出る頃には間に合うでしょうが。。。

日本語キーボードの変換が未対応(ベータ版だから)

開発者以外でインストールする物好きは少ないですが、これができないと返信とかツイートとかかなり制限されます。まぁリリースまでには調整してくれると思いますので、もしiOS7をインストールを考えている人は参考に。不便すぎますが一応音声入力で変換はしてくれます。どうしても嫌ならアンインストールもできるので、生活に支障が出てきたらiOS6に戻します。

コメントを残す