体力が追いつかないがスノボは楽しい。

2011年以来のスノーボードに行って来ました。

前回のmujinaのスノーボードツアーから2年です。

今年は人数は少なめの6名でしたが気心知れてるメンツなのでいいかんじでした。

今年も行き先はかぐらスキー場

レンタカー借りて天気予報みながら行き先を決めました。東京からだとやっぱり関越道からアクセスできるところから決めることが多いです。

今回も雪と温泉はセットで考えると無難に行ったことがあるところに決めてしまいます。かぐらスキー場は苗場エリアの中の一つのスキー場。高速道路を降りてからも比較的アクセスしやすいスキー場なのではないですね。

当日は早朝6:30集合。

3時間くらいしか寝れないのはきついですがアドレナリンが出ているので1日くらいは問題ないです。

運転手のかたご苦労様でした

IMG 6312

雪を求めると都内からだと2時間以上は走らないとなりません。でも運転をしてくれた友人がずっと盛り上げて頂いたので道中は眠気も吹き飛びテンションも上がります(笑)

駐車場での天気は微妙で着るものに困った

IMG 6316

極寒かピーカンだと着る服やインナーは決めやすいんですが当日は曇でちょっと雨が混じっている。上に行けば雪なんだけど動くと暑くなるかも…など考えつつ持っていくものは最低限に抑えたいのです。

スノーボードにハマっていた頃はいかに快適に滑るかを常に考えていたものです。2年のブランクはありますがそこだけは少しでも拘りたいところ。

下は雨だが上は吹雪

IMG 6326

かぐらスキー場は巨大なスキー場のひとつですので一番下と一番上の環境は全然違います。

下の方では雨が降っていたのですがゴンドラとリフトを乗り継いでいくとどんどん吹雪になってきました。一番上は猛吹雪で結構過酷な環境。一応完全装備で行ったので問題なく滑れるし人もまばらで楽しめました。

ところどころパウダーもありましたので満足。

IMG 6332

リフト降り場でボードを落としてしまうハプニングもありましたが大事に至らずよかった。

体力の限界…

頭では昔の感覚で滑ろうとするのですがなんせ使っていない筋肉ばかりなのですぐに体中が悲鳴を上げます。それに加えて用具もボロボロでいろいろと問題が出て来ました。

ピーカンでコンディションも良ければなんなく滑れますが猛吹雪では装備が重要。

途中でゴーグルがもう限界に近づいており曇りが取れなくなってしまいました。

体と装備がダメダメなので休憩をすることにしました。

ステーキ定食を頼めばよかった…

券売機ではステーキ定食は売り切れだったのですがレジで普通に頼めたそうで…プリンスホテル系列の経営なのかここのステーキは安くてうまいのです。スキー場って食事は外れることが多いんですけどここは間違いない。

友人はすんなりステーキ頼んでぼくはそれに気づいたのはパスタを頼んだあとでした。

まっいいんですけどね…

IMG 6333

ボードあとの温泉は最高!

写真は残念ながらありませんがかぐらスキー場近くの街道の湯に行きました。

シンプルに大浴場と露天風呂のみですがシャワーの温度がやや高めで水圧も強め。疲れたあとにはすごく気持ちがいいのです。大浴場の温度もやや高めなのですぐに体が温まり汗が出てくるのでかなり癒されました。

友人たちと露天で語り合うのはいいですね~

お風呂のあとのコーヒー牛乳は体にしみ込むうまさでした。

IMG 6336

最後は焼肉で最高の終わり方

スノボのあとは何故にこんなに肉を欲してしまうのでしょう?地元に着いて焼肉を堪能しました。乾杯のビールもうまい!幸せなひとときでした。僕は1年に一度が限度ですが次回もまた参加したいです。

IMG 6339

今回のツアーを企画してくれた友人は体調不良のため参加できなかったのが非常に残念です。次には一緒に行きたいですね。そして、次回は体力もつけてもう少し思い通りの滑りができるようにしたい。てか毎週行けるように頑張りたいと思います。そうすれば体力もつくしね!

疲れているのに運転してくれた二人には感謝です!また行きましょう!

久しぶりにスノーボードに行ってきたけどやっぱイイね!

2011年以来のスノーボードに行って来ました。

前回のmujinaのスノーボードツアーから2年です。

今年は人数は少なめの6名でしたが気心知れてるメンツなのでいいかんじでした。

今年も行き先はかぐらスキー場

レンタカー借りて天気予報みながら行き先を決めました。東京からだとやっぱり関越道からアクセスできるところから決めることが多いです。

今回も雪と温泉はセットで考えると無難に行ったことがあるところに決めてしまいます。かぐらスキー場は苗場エリアの中の一つのスキー場。高速道路を降りてからも比較的アクセスしやすいスキー場なのではないですね。

当日は早朝6:30集合。

3時間くらいしか寝れないのはきついですがアドレナリンが出ているので1日くらいは問題ないです。

運転手のかたご苦労様でした

IMG 6312

雪を求めると都内からだと2時間以上は走らないとなりません。でも運転をしてくれた友人がずっと盛り上げて頂いたので道中は眠気も吹き飛びテンションも上がります(笑)

駐車場での天気は微妙で着るものに困った

IMG 6316

極寒かピーカンだと着る服やインナーは決めやすいんですが当日は曇でちょっと雨が混じっている。上に行けば雪なんだけど動くと暑くなるかも…など考えつつ持っていくものは最低限に抑えたいのです。

スノーボードにハマっていた頃はいかに快適に滑るかを常に考えていたものです。2年のブランクはありますがそこだけは少しでも拘りたいところ。

下は雨だが上は吹雪

IMG 6326

かぐらスキー場は巨大なスキー場のひとつですので一番下と一番上の環境は全然違います。

下の方では雨が降っていたのですがゴンドラとリフトを乗り継いでいくとどんどん吹雪になってきました。一番上は猛吹雪で結構過酷な環境。一応完全装備で行ったので問題なく滑れるし人もまばらで楽しめました。

ところどころパウダーもありましたので満足。

IMG 6332

リフト降り場でボードを落としてしまうハプニングもありましたが大事に至らずよかった。

体力の限界…

頭では昔の感覚で滑ろうとするのですがなんせ使っていない筋肉ばかりなのですぐに体中が悲鳴を上げます。それに加えて用具もボロボロでいろいろと問題が出て来ました。

ピーカンでコンディションも良ければなんなく滑れますが猛吹雪では装備が重要。

途中でゴーグルがもう限界に近づいており曇りが取れなくなってしまいました。

体と装備がダメダメなので休憩をすることにしました。

ステーキ定食を頼めばよかった…

券売機ではステーキ定食は売り切れだったのですがレジで普通に頼めたそうで…プリンスホテル系列の経営なのかここのステーキは安くてうまいのです。スキー場って食事は外れることが多いんですけどここは間違いない。

友人はすんなりステーキ頼んでぼくはそれに気づいたのはパスタを頼んだあとでした。

まっいいんですけどね…

IMG 6333

ボードあとの温泉は最高!

写真は残念ながらありませんがかぐらスキー場近くの街道の湯に行きました。

シンプルに大浴場と露天風呂のみですがシャワーの温度がやや高めで水圧も強め。疲れたあとにはすごく気持ちがいいのです。大浴場の温度もやや高めなのですぐに体が温まり汗が出てくるのでかなり癒されました。

友人たちと露天で語り合うのはいいですね~

お風呂のあとのコーヒー牛乳は体にしみ込むうまさでした。

IMG 6336

最後は焼肉で最高の終わり方

スノボのあとは何故にこんなに肉を欲してしまうのでしょう?地元に着いて焼肉を堪能しました。乾杯のビールもうまい!幸せなひとときでした。僕は1年に一度が限度ですが次回もまた参加したいです。

IMG 6339

今回のツアーを企画してくれた友人は体調不良のため参加できなかったのが非常に残念です。次には一緒に行きたいですね。そして、次回は体力もつけてもう少し思い通りの滑りができるようにしたい。てか毎週行けるように頑張りたいと思います。そうすれば体力もつくしね!

疲れているのに運転してくれた二人には感謝です!また行きましょう!

iPhone5のテザリングを使い始めて通勤中の電車やWi-Fiスポットのないカフェが有効に使える。

ソフトバンクのiPhone5のテザリングが開放されてそろそろ2ヶ月くらいになります。MacBook Airを使っているのですが場所を選ばずインターネットに繋げられるのは最近では自分の生活が劇的に変わったことです。

通勤電車内がバーチャルオフィスに

ぼくの自宅から職場までは最短で1時間弱です。今まではiPhoneで情報収集か読書、あとはゲームもたまにしたりしていました。テザリングが使えるようになってからは電車の中でもMacBook Airを広げて作業することも増えました。と言っても座席に座れて出来れば端の特等席が確保出来たらですが。

SoftBankの電波もここ最近は安定しているのでWebブラウズ位だったら問題なく閲覧出来ます。

ぼくの場合は電車内って結構集中できるのでブログを買いたりすることが多いです。自宅にいるといろんな誘惑に負けてダラダラ動画見ちゃったり意味なく過ごすことが多いので生産性は電車のほうがいいです。

余裕がある時は特急や急行に乗らずガラガラの各駅停車でじっくり作業することもあります。

カフェを選ばずネットに繋げられる

これ地味にうれしい。

いつもは無料のWi-Fiスポットがあるところを探して作業をしていました。それが今ではソフトバンクの電波さえ掴むことが出来れば(ほぼどこでも)場所を選ばず作業ができます。

Wi-Fiスポットがあるカフェ

  • ほぼすべてのスターバックス
  • デニーズ(7スポット)
  • ルノアール系列など

あくまでぼく視点ですが選択肢に入ったカフェチェーン

  • ドトール(200円であのおいしいコーヒー!)
  • マクドナルド(モバイル用Wi-Fiは飛んでたがPCで作業ができるってことで)
  • サンマルクカフェ
  • 街のカフェ(割高だけどたまには)

一番使いたいドトールが生活圏内にないのが残念でしょうがないですが選択肢が大幅に増えたのは非常に嬉しいですね。

もちろんWi-Fiスポットを契約したりすればもともと使える場所はあったのですが頻度がそこまで多くないので見送っていましたが今はお茶代と作業スペースを気にするだけでいいのが自由です。

ソフトバンクのテザリングオプションで容量制限が7GBとありますが今のところ毎月2GBくらいで収まっているのでぼくの使い方ですとまったく気にせず使っても問題ないです。(動画をほとんどみないから)

 

実際は電車内はiPhoneで情報収集、出勤前にカフェで作業ということが多いですね。あとは帰りの電車の眠気がない状態であればもっといいのですが…ノマドライフとか憧れますね〜

 

こどもの褒め方をもう一度考えなおす。

育児に関するテレビ番組をみて「ほめ方」についてやっていた。

自分も3歳の息子にやりがちなのだが大げさに褒めるのは良くないようだ。

「ほめて伸ばす」とよく聞くが専門家はただ褒めるだけではダメだと言っていた。

ほめる時は具体的に褒める

「上手だね!」「すごいね!」とオーバーリアクションで褒め続けていると子どもたちは「上手でないとダメ」「すごくないとほめてくれない」などと考えてしまうらしい。

番組では具体的に褒めることを薦めていました。「この色使いがうまいね〜」とか。

番組は短時間だったので自分なりに調べてみるとスタンフォードの教育方法の記事を見つけました。

能力をほめるのではなく努力をほめる

能力をほめる

頭がイイね!や将来は天才だ!などとほめると褒められることが目的になり失敗を恐れるなる。

努力をほめる

達成できるまでの過程を褒めると難問を与えても解こうと努力を続けるらしい。

 

ざっくりまとめましたが子供を褒める時は単純に褒めるだけでなく具体的なことと努力に対して褒めることを意識しよう。

最近読んでる本がちょうどスタンフォードのベストセラーでした(笑)