飲食店の予約はオープンテーブルで気軽にできる。

飲食店の予約は慣れていない人からすると敷居が高い。特にはじめて来店するレストランは緊張してしまいがち。

米国発の老舗オンライン予約サービスのオープンテーブルが便利。

iPhoneアプリやAndroidアプリもある。

OpenTable JP App
カテゴリ: フード/ドリンク
価格: 無料

 

アプリから予約可能な店舗を検索してから予約を完了させることができるので、わざわざ店舗に電話をして予約という流れが無いので気が楽だ。

iPhoneのオープンテーブルアプリからエリア検索して予約をしてみる。

自分がよく行くエリアで空席検索をします。

IMG 6055

行きたい店舗を選択し。

IMG 6056

時間をタップ。

 

なにか要望があれば記入。で確定ボタン。

IMG 6058

この画面から地図アプリを起動できます。(SafariのWebアプリからGoogleマップアプリを起動)予約が確定されて登録したアドレスにもメールが来ました。

IMG 6059IMG 6060

マイプロフィールから予約の確認と変更キャンセルが可能です。

IMG 6061

予約をキャンセルしてみました。

IMG 6062

キャンセルの電話は予約するよりも気が引けるので精神的にも良いです。

まだ日本ではまだまだブレイクしていないですが、今のところ一番予約まで直感的にやりやすいサービスではないでしょうか。

 

ソフトバンクiPhone5のテザリング小技その1

2012年12月16日に待ち望んでいたSoftBankのiPhone5でテザリングがスタートしました。

テザリング設定方法

東京はWi-Fi電波がたくさん飛んでいる。

使うのは外出先で使うことも多いかと思いますが東京のカフェでWi-Fiを使うとなるとあまりにも電波が飛びすぎてて自分のiPhoneの電波を探すのも一苦労です。

自分の端末の名前が一番上に来るように変更。

僕のMacBook Airで大体一番上に来るのは「0001softbank」のWi-Fi電波です。ソートされるのは数字→アルファベットの順ですのでそれよりも上に来るようにiPhoneの名前を変更します。

iPhoneの名前に「0000」をつけます。

これで一番上に来るので探す時間がほんのすこし節約できるようになります。(まぁ多少ですが…)

2012 12 21 01 18 12 pm

でも一度設定しておけばMacBook Airを開く前にテザリングをオンにしていれば自動でつながるので自己満足の世界ですね。

米国ブラックフライデーの大ドッキリ…100円ショップに行列作って押し掛けたら(動画)

これはウケる!

 

米国ブラックフライデーの大ドッキリ…100円ショップに行列作って押し掛けたら(動画):

 

米国はすでに年末商戦真っただ中!

米国のブラックフライデーと言えば1年のうちで1番大きいセール。日本の初売りも顔負けです。朝も早くから列にならび開店と同時にバトル、その様子が毎年動画でもアップされています。まさに修羅場。

このブラックフライデーに目を付けたのが、あちこちでいろいろな大人数ドッキリをしかけているImprov Everywhere。ギズモードでも何度も紹介してきました。今回のドッキリは、ブラックフライデーに99セントショップ(日本でいう100円ショップ)に大行列を作る、というもの。相変わらず愛嬌のあるナンセンスさです。

テントまで持ち出して昨晩から並んでいた風の客、テレビレポーターに扮する係、開店と同時に入店し様々な商品を「この安さ信じられない!」ってな具合で手にとる客。参加者、全員ナイス演技! 道行く人々や店の主人は大ビックリ。

通行人1:「なんで並んでいるのかわからない。だって普段から安いじゃないか。」
通行人2:「60%オフでも、得するのはたった60セントだろ? 並ぶほどなの?」
タクシー運転手:「99セントショップに行列なんて、生まれて初めてみた…」
店主:「こんなの初めてです。列を見た時は、他の店だと思いましたがビックリです。皆様、お買い上げありがとうございます。」

Improv Everywhere、1度参加してみたい…。

Improv Everywhere

そうこ(Brian Barrett 米版

 

(Via Gizmodo Japan)