iPhoneが僕の人生に潤いを与えてくれたので次のiPhoneも必ず買う。

まだ確定ではないが来月はiPhoneの発表と発売があるかもしれない。

iPhone4→iPhone4Sの時は迷った後に購入したが今回のiPhone5(たぶん名前は違う)は迷うわずOnlineで購入する。

毎回買う必要あるのか?って思うかもしれないが僕はiPhoneだけは最新のものを触っていたい。まぁほぼ中毒気味でもあるけれど人生が楽しくなることは間違いないので迷わず買う。

はじめて手にした時のことなどを思い出して少し書いてみたいと思う。新しいのが出るまで少しテンションを上げるためにも。

Macのデータを持ち出せる

iPhoneをはじめて手にしたときこれが一番感動したことだった。

今ではあまりにも当たり前だけど当時はごっそり手元にMacで使っているものが持ち出せるのが劇的にうれしたかった。

  • 連絡先
  • 写真
  • 音楽
  • 動画
  • メモ
  • メール

iPhone3Gがでた2008年はiCloudなんてものはなかったのでいちいちつなげて同期をしなくていけなかったかけど、連絡先のデータが最新のものをMacとiPhoneで一緒というのは本当に便利だった。

写真や音楽はiPodでそれなりに出来たけど電話ですべてが出来るって素晴らしい。

メールは日本上陸当初はソフトバンクのは使い物にならなかったのでメールはすべてGmailで集約することに決めたのもiPhone使い始めてから。iPhone持ってから詳しくなったけどGoogleのサービスも使い勝手がかなりよくなった。Cloudの断片を感じ始めたのもGmailから。

自分のログをどんどん残せる

iPhone3GからはじまったApp Store。ランキングで上位にたくさん入っているのがTwitterクライアント。当時は誰も名前すら知らないサービスだったが海外ではすでにヒットしていた。わけも分からずアプリをダウンロードしてアカウント作成したのもこの頃。mixiである程度は日記を書いて残せたけどTwitterはiPhoneですぐに発信できるのが強みだった。

今はInstagram、Twitter、Facebook、LINEやfoursquare。いろんなサービスを使いまくっている。記録すればするほど自分のログは残されていく。残念ながらTwitterの初期のつぶやきは探しにくいのでなんとかしてもらいたいんだけどね。

SNSだけでなく体重や走った記録や家計簿などなんでも残せるのは便利。ただ見返さないとだけど。

情報収集最高のツール

3Gでの残りの一年はあまり感じなかったけどiPhone4から劇的に情報収集がとんでもなくできるようになった。日頃たまりがちなRSSで配信される記事をスキマ時間でサクサク読める。iPhone4くらいからTwitterのタイムラインが最新情報の宝庫に変わった。電子書籍もそこそこ出始めたのでとにかく通勤時間がかなり有効に使えるようになった。

外部脳

iOS5から外部脳として更に進化。昔は忘れてしまうことにイライラしていたが今は忘れてしまうのを前提にiPhoneを使っている。iPhoneのデフォルトアプリだけでかなりその役割を担っている。メモ、リマインダー、カレンダー。カメラも実はメモ代わりによく使っている。

場所を基準に思い出させてくれるリマインダー。ちょっとした言葉をきろくできるメモ。カレンダーには仕事関係の予定はマスト。カメラの画像は手も綺麗になったので文字を認識できるので手書きのメモはiPhoneカメラでよくとっている。Evernoteを使っているがそのままでもPhotoStreamに上がってくるので記憶を呼び戻すには十分。

あとはすぐに検索してわからないことをすぐに知れる。

なんにでも化ける

つまるところあらゆることができる。カーナビ代わりだったり知育デバイスだったり僕はあまりやらないけどゲームはなんでもある。家にいればMacだけど外にいてインターネットに繋がってさえいればなんでも完結できる。とにかく外での出来事がカメラやGPSで記録できるのがでかい。感動を何度も味わえる。学生の頃にあればよかったけどまあしょうがない。これからのことはちゃんと記録すればいい。

次のiPhoneに期待すること

いろいろ噂はあるけど使いやすければそれでいいかなと。おサイフ携帯があればほんとにすっきりするのでなんとか実現して欲しい。画面はでかくならなくても満足。片手で操作するのに差支えが無ければそれでいい。

さぁ来月出てくれ新型iPhone!

コメントを残す