MountainLionのUP-To-Dateプログラム返金依頼その2(まだ確定していない)

前回問い合わせた内容から返信がきました。 今回は送られたメールのコードが使えるかどうか確認して欲しいとのこと。 一番最初のコードがエラーになってメールの受信時間。 MountainLion発売直後の2012年7月25日午後11時頃 2番目の正しいコードが使えるメールの受信時間。 2012年7月27日午前7時頃 すでに一度間違えて正規に購入してしているのでコードは放置したままでした。 Appleからのメールはこの2番めのメールで正しくコードを使えかどうか確認して欲しいとのこと。 購入履歴と注文番号を表示する方法 いつも購入したあとにiTunesから送られてくるメールと同じ内容が確認できます。 注文番号を添えてメールを返信しました。 確認後返金できるかまた返事があるようです。 ということでまだ返金できるかは確定していません。 あまり期待せずに待ちます。 とりあえずMountainLionは絶好調です! OS X Mountain Lion App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

MountainLionのUP-To-Dateプログラム返金依頼その1

MountainLionをUp-To-Dateでアップグレードする予定が誤って普通に購入してしまった。

可能性は分からないがサポセンに問い合わせをして現在連絡待ちの状態である。

メモ代わりに時系列で問題の進行状況

2012年7月25日日本時間21:30頃MountainLion販売開始

MountainLionのUP-To-Dateプログラムを申し込む

Appleから2通メールが届きコンテンツコードを入手

MacApp Storeにコードを入力するもエラーで使用できず。(全世界でこの問題が起きていた)

エラーとは知らずMountainLionを購入するとコードを要求してくると思ってダウンロードをはじめてしまった。 (この時残高が1,600円ほどだったので購入には至らないと判断)

残高から足りない分は登録したクレジットカードから決済されてしまった。←今思えば事前に登録していたので当たり前の事だったのだがアプリなどの購入はほとんどiTuneCardでチャージして購入していたので全く忘れていた。

コンテンツコードのエラーはAppleの不手際なのでどうにか返金もしくは残高を戻していただくようにお願いしたいと思って問い合わせ。

メールにあったこちらのアドレスに問い合わせのメールを送信。 uptodatesupport-jp@apple.com ↓ 翌日返信がありましたが内容は自動送信風なので答えになったいません。

もう一度やり直しAppleのホームページからホーム→サポート→サポート連絡先(3段目真ん中)→MacApp Storeサポートページへ→入力フォームで送信。

実は違う部署へ問い合わせていたようでこの順序は電話で誘導されました。 ↓ 自動返信メールがきましたが、それから動きはないのですがまだ返金は確定していません。 返答を待っている状態です。 ネット上ではUP-To−Dateプログラムのメール待ちでしびれを切らして購入したって人も。。。 どうなるのかな。せっかくなので対応してもらいたい。また動きがあったら更新予定。

OS X Mountain Lion App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700
 

MountainLionがやって来たが早速エラーに巻き込まれた。

噂のどおり昨日の7月25日の夜10時ころにダウンロードが可能になっていた。

自分はMacBook Air(mid2012)を発売直後購入したのでOS X Mountain Lion Up-To-Date プログラムから手続きをしてアップデートを完了するはずが途中でトラブル発生。

あとで知ったのだがAppleから発行されるコンテンツコードというものが使用できないという不具合が全世界で起こっていたのだった。Twitterなどで調べながらやればよかったが早く入れたい思いのほうが強かったので、そんなことは見逃しつつダウンロードボタンを押せば親切に案内が出るだろうと安易にクリックしてしまった。

普通に課金されてダウンロードが開始。アカウントのクレジット残高以上の買い物だったのでクレジットカードからも課金されてしまった。

ダメ元で(Appleはやってくれると信じている)メールに記載されていた uptodatesupport-jp@apple.com こちらのアドレスに返金要求のメールをを送信してみた。いまのところなんの返事もないので時間があるときにサポセンなどに聞いてみたいと思う。

Macをそんなに頻繁に買うこともなかったのでこのUp-To-Date プログラムの利用もはじめて。OSX Lionの時なんなくインターネット上でアップデート出来たので少し過信してしまった。OSのアップデートはバックアップなどいろいろ注意すべき点も多いのだがMacBook Airを使い始めてからほとんどデータはCloudに預けているので失敗しても大丈夫だと余裕ぶっこいていたのがいけないな。

まっ次回はもっと慎重にやろうと思う。

ともあれ、いまのところ課金されてしまったがMountainLionは派手に変わったわけではないけどiCloudに依存している僕には非常に嬉しいアップデートが多いので気に入っています。

iCloud PERFECT GUIDE (パーフェクトガイドシリーズ)
小林 誠 村元 正剛 山路 達也
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 130192

ドメイン取得を初めからWordPressでやればよかったよ。。。

途中でわかったのですが最初からWordPressでドメインを取得すれば手順も少なく安く済んだって話です。

ということでやらかした一連の行動。↓

ブログをちょっと本格的にやろうと思い、ドメインを自分用に取得して運用しようと決めました。
はじめてドメイン取得をするので、ある程度詳しい人に聞いた手順を実行しました。

まずおすすめのドメイン取得の会社がムームードメインだそうでこちらで好きなドメインを取得できるかどうか検索。

僕はブログタイトルを「スドログ」と決めていたので「sudolog.com」を取得できるかどうか調べました。

すんなり取得できるとのこと。

で980円と手数料で1100円なり。
年間でならまぁ安いでしょうということで手続きを。。。
支払方法はコンビニ決済にしました。クレジット登録をするのもちょっと面倒かなと思いまして。

入金後メールが来て取得の手続きをして完了。

で目的のWordPressへ登録です。

プロへアップグレードという項目から手続き。
DNSとか言うのを登録しなおさないといけないみたいなのでまたムームードメインのサイトで内容の変更を実施。

で目立たく登録完了。こちらは年間13ドルなのでPayPalでお支払い。メールアドレスとパスワードだけでいいので楽ちんです。
ホントPayPalでの買い物は海外の壁を感じさせないので便利。

と話はそれましたが、「sudolog.com」をメインのブログへ登録。で新たにまっさらな状態で運営しようと思っていたらどうも違うようで今まで書いていたブログがそのまま転送するしくみだったのです。

実は前のブログは初期の頃にFacebookのいいねボタンをつけようと思ってプラグインなんちゃらをいじって変な感じでリンクが付いたままなのです。
これが気持ち悪くてイチから作り直し内容は前のものを移行しようと考えていたのですがなんか手順を間違えたようです。

WordPressのプロへの移行は2日以内だと返金対応してくれるそうなので一旦キャンセルし新たに登録することに。

キャンセル、返金はすんなりできました。のであたらしくWordPressでブログを作成しました。

が!ここで気づいたのですがWordPress経由でドメイン取得すれば年間18ドルだったので手順も値段も少なく運用が出来たのでした。

とりあえず新たに作ろうとしてもフリーのブログで好きなドメインが使えない。自分がムームードメインで取得してしまったからか一度WordPressで登録してしまったのが原因みたい。
なのでそれに近いドメインで登録。まぁ見た目は自分のメインのドメインになるので妥協です。
今回は新たに変なものがついてないブログを作るというのが目的なので。。。
上級者ならコードを書きなおしてすぐに綺麗にできるところですがそれを勉強してというかググって更新するってのがかなり僕では時間がかかりそうなので諦めてこの方法にしました。

で新しく作ったアカウントにメインのドメイン用に登録。
で、前のアカウントの記事をインポート。多分30分くらいで移行が完了。
で前のブログを削除しようとしたら永久に消えてしまうが考えなおせ的なことを言われたのでそのまま残しておくことに決めました。

重複するのは仕方ないですがまぁそんなにアクセスないので別にいいです。

ってことでsudolog.comをよろしくお願いします。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
コグレマサト するぷ
インプレスジャパン
売り上げランキング: 1060

今日はいよいよソフトバンクプラチナバンド運用開始なので電波を拾ってみた。

ギズモードで電波の掴んできるか確認する方法が書いてあったので自宅が届いているか確認してみました。

iPhone4とiPad2以降は対応しているのでiPhone4Sは問題ない。

電話アプリで

*3001#12345#*

と入力。コピペで貼り付けられるのでそちらが簡単。

で発信をタップ。するとField Testというアプリが起動。シグナルが数字に変わります。ソフトバンクはUMTS Cell Environmentを選択。

次にUMTS RR Info。

するといろいろな項目が出てくるのですがDownlink FrequencyとUplink Frequencyの数字で判断。

Downlink Frequencyの値が2937~3088であれば900MHzのプラチナバンド。ということで自宅は10812なので従来電波でした。

開始当初は3%って話もあるのでまぁ気長に待ちます。

あんぽん 孫正義伝
あんぽん 孫正義伝

posted with amazlet at 12.07.25
佐野 眞一
小学館
売り上げランキング: 697